哺乳瓶

子育て

赤ちゃんミルク拒否…解決した時の話

投稿日: 更新日:

こんにちは。6歳と3歳の娘を持つフルタイムワーママOLのはるなです。
思い起こすこと6年前。娘が生まれて幸せな反面、妊娠出産のため派遣切りにあい職無しになっていた私は途方に暮れていました。

保育園探さなきゃ!仕事探さなきゃ!!

最初のうちは、哺乳瓶にも吸い付いて、ミルクも飲めており、
母乳育児は順調で、退院するまでの間に完全母乳でいけるくらい起動に乗っていました。

しかし、保育園に預けることを考えると、哺乳瓶でミルクも飲ませないといけないので、
出産時にはまだ準備ができていなかった、哺乳瓶を買いに行くことに。

病院でも普通に飲んでいたし、退院時はそんなに深刻に考えてはいませんでした。
ですが…ミルクを拒否されて、1ヶ月ほど格闘することになりました。
初めての出産で、右も左も分からず、
日中も夜中もよく泣く子だったので、ノイローゼになったのをとてもよく覚えています。

結論は、哺乳瓶を変えたらうまくいきました!

今日は、長女のミルク拒否克服の話を書きます~。
その後、次女、長男が生まれましたが、2人とも最初からミルクを拒否せず飲んでくれました^^

スポンサーリンク

初めての育児、初めてのミルク

退院したその日に、ドラックストアへ。
何がいいのか分からず、3本セットで一番安いものを購入。
それから、粉ミルクも安いものを缶で買いました。

家に帰ってきて、そろそろ授乳の時間。
試しにミルクを作ってあげてみることに。

分量を量って、沸騰させたお湯を冷まして、自分の手首に垂らして温度確認。

よし、あげるぞ!

長女の口にあてがうと・・・。

「うぎゃぁぁああああ~~~~!!!!!」

ものすごい悲鳴(笑)

え?なになになに???
何が気に入らないの!?

病院ではそれなりに口に含んでいた哺乳瓶でしたが、
家ではミルクを完全拒否で全く飲んでくれず、1ヶ月検診まで完母で育てていました。

ミルク拒否の原因は哺乳瓶だった

当然のことながら、赤ちゃんはお話ができないので、泣くことでしか表現しません。
気に入ったか気に入らないか。それだけです。

特に長女は体全体で大声で主張するタイプなので、何かが気に入らないことは分かりましたが、何が気に入らないのかが分かりませんでした…。
ネットで調べて、お湯の温度を変えたり、ミルクの粉を変えたり、哺乳瓶をいくつか買って試しました。

いろいろ試してもうまくいかず、1か月検診で栄養士さんにミルクを拒否されていることを相談。
すると、「ピジョンの母乳実感を試してみたらどうでしょう?」と言われました。
生まれた産院でも、母乳実感を使っていたんですね。

すると、

「お!!!飲んだ!!!」

育児日記

5月2日…。ミルクを80ml無事に飲んでくれて、感動した瞬間でした( ;∀;)

下の子も母乳実感でミルク育児

2人目のときは、1年間育児休暇が取れたので母乳で育てたかったのですが、
生まれつき喉が柔らかい口喉軟化症という病気だったので、母乳を吸い出す力があまりありませんでした。

ここで哺乳瓶【母乳実感】の出番!

哺乳瓶だと、母乳よりもミルクの出がいいみたいで、シューシュー吸えました。

3人目は、上2人の小学校、保育園、習い事対応など…で、時間が限られているせいか、
母乳が軌道に乗らず(泣)1ヶ月検診後、完全ミルクになりました。

最初から母乳実感でミルクを与えて、全く問題なくミルク育児が出来ています。

スポンサーリンク

まとめ

生まれたての赤ちゃんを前にして、何もかも分からないことだらけ。
特に、生まれて最初の作業は、3時間に1度の授乳とおむつ替え。
沐浴も毎日となると大変ですよね。
毎日毎日繰り返し~~。

ママがずっと育児をできる状況であっても、離乳食が始まるまで母乳しか受け付けない、となると、かなりしんどい…。
ミルクを飲めるようになっておくと、疲れた時夜の1回だけパパにミルクをあげてもらい、その間にママが睡眠をとることも可能です。

完全母乳で起動に乗っていても、1日1回、練習で飲ませておくといざというときに安心でした。

出産前は、おっぱいは勝手に出るものだと思っていたし、
哺乳瓶はどれも同じだと思っていましたが、
やってみると全然違うんだ!!ということが分かりますね…( ;∀;)
今はだいぶ分かるようになりましたが、哺乳瓶一つとっても赤ちゃんの好みがあるんだなぁ~と実感した出来事でした。

ミルク授乳がなかなかうまくいかないときは、哺乳瓶を変えてみるのも一つの手かもしれません。
それではまた~。


3人目育児愛用中の便利グッズはこちら↓

【新生児お世話グッズ】3人育児中ママが選んだ便利グッズ5選

スポンサーリンク

スポンサーリンク



はるな @育休中サーバーサイドエンジニア

1984年2月生まれ。サーバーサイドエンジニア2年目👩‍💻現在育休中。小3・小1・0歳児のママ。夫婦ともに在宅勤務。育児と仕事の両立が永遠のテーマ。

-子育て

Copyright© ともばたドットコム , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.