哺乳瓶

子育て

【哺乳瓶の選び方】母乳育児でも哺乳瓶は必須です

投稿日:

哺乳瓶

こんにちは。6歳と3歳の娘を持つフルタイムワーママOLのはるなです。

思い起こすこと6年前。娘が生まれて幸せな反面、妊娠出産のため派遣切りにあい職なしになっていた私は途方に暮れていました。

保育園探さなきゃ!仕事探さなきゃ!!

そんな中、生まれたばかりの長女は、おっぱい欲しさに泣くのです。

「ママ!!おっぱい!!!ママおっぱい!!!」

母乳育児は順調で、退院するまでの間にしたたりおちるくらい母乳が出るようになっていました。
長女と私の練習はうまくいったと言えます。

だがしかし、この後私たち親子に試練が訪れることになります(笑)

スポンサーリンク

初めて哺乳瓶を買った

退院したその日に、ドラックストアへ哺乳瓶を買いに行きました。
とにかく何がいいのか分からず、3本セットで一番安いものを買いました。
それから、粉ミルクも缶で買いました。

家に帰ってきて、そろそろミルクの時間。

私は娘を保育園に預けて働かなければならない状況だったので、哺乳瓶の練習も必要だと感じていました。
そこで、試しにミルクを作ってあげてみることに。

分量を量って、沸騰させたお湯を冷まして、自分の手首に垂らして温度確認。

よし、あげるぞ!

長女の口にあてがうと・・・。

「うぎゃぁぁああああ~~~~!!!!!」

ものすごい悲鳴(笑)

え?なになになに???

何が気に入らないの!?

自宅に帰り、初めての哺乳瓶は、ここから始まりました。

何が気に入らないのか分からない

当然のことながら、赤ちゃんはお話ができないので、泣くことでしか表現しません。
気に入ったか気に入らないか。それだけです。

特に長女は体全体で大声で主張するタイプなので、何かが気に入らないことは分かりましたが、何が気に入らないのかが分かりませんでしたw

ネットで調べて、お湯の温度を変えたり、ミルクの粉を変えたり、哺乳瓶をいくつか買って試しました。

すると、

「お!!!飲んだ!!!」
育児日記

ミルクを初めて80ml飲みました。
1か月検診が終わった、ちょうどその日でした。

原因は哺乳瓶だった

哺乳瓶の乳首が気に入らないことが原因でした。

1か月検診で栄養士さんに相談したんです。ミルクを飲まないこと。
すると、「ピジョンの母乳実感を試してみたらどうでしょう?」と言われました。

さっそく帰り際にドラックストアで購入。
帰ってきて沐浴させて、よし、ミルクを飲ませるぞ!!

すると、

すごい勢いで飲み干す!!!

うおぉぉ!!飲んだぞーーー!!

うちの子には母乳実感の乳首が一番しっくり合ったみたいです。

成長に合わせて乳首の大きさが違う

哺乳瓶の乳首
哺乳瓶の乳首拡大
新生児と生後1か月用の乳首です。

写真だと少し分かりずらいですが、新生児用のほうが乳首が少し細長くなっています。
赤ちゃんの口が小さいから、吸いやすくなっているようです。
1か月用のほうがミルクの量が多めに出てくるようになっています。

次女も母乳実感でミルク育児できた

次女のときは、1年間育児休暇が取れたので母乳で育てたかったのですが、
次女は生まれつき喉が柔らかい口喉軟化症という病気だったので、母乳を吸い出す力があまりありませんでした。

ここで哺乳瓶の出番!

哺乳瓶だと、母乳よりもミルクの出がいいみたいで、シューシュー吸えました。

スポンサーリンク

まとめ

生まれたての赤ちゃんを前にして、何もかも分からないことだらけ。
特に、生まれて最初の作業は、3時間に1度の授乳とおむつ替え、沐浴。
毎日毎日繰り返し、この作業に追われますよね。

ママがずっと育児をできる状況であっても、離乳食が始まるまで母乳しか受け付けない、となると、かなりしんどいですよ。
5か月から離乳食が始まりますが、5か月もママ一人で授乳は大変です。

ミルクを飲めるようになっておくと、疲れた時夜の1回だけパパにミルクをあげてもらい、その間にママが睡眠をとることも可能です。

哺乳瓶は買ってくればすぐに飲むものかと思っていましたが、赤ちゃんにも好き嫌いがあるのだと実感した出来事でした。




スポンサーリンク

スポンサーリンク



-子育て

Copyright© ともばたドットコム , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.