九十九里

関東近辺子連れ遊び

【家族旅行トラブル】子供が高熱!!対処して旅を続行した話

投稿日:

こんにちは。6歳と3歳の娘を持つ夏休み中のはるなです。

2019年7月27日・28日(土日)子供たちを連れて千葉の九十九里へ行ってきました。

海なし県で育った私に取って、海へ行くのは特別なこと。

1年に1度行けるかどうかわからない、というレベルです。

長女が3歳の頃太平洋に行きましたが、その後は東京湾で少し遊んだくらいだったので、長女にとっても次女にとっても、太平洋で遊ぶのは非日常の楽しい経験になりました。

さて、海を満喫した後、長女に異変が起こりました。

今回は、旅行先での子供高熱トラブルについて記事にします。

この記事の要点

  • 6歳の長女が旅行中39度(推定)の熱を出した
  • 一晩様子を見て旅続行
  • 帰宅時には37.2度になり元気。自宅から花火鑑賞

非日常のトラブルにも普段からの対処法で備えるのが重要ですね。

スポンサーリンク

高熱を出す前の予兆

  • 保育園で木曜日から手足口病が流行る
  • 年長クラスでも熱を出して早退者が出た
  • 金曜日他の保育園の子たちと交流、カレーを作って夕食も食べ、19時まで保育だった
  • その次の日から旅行
  • 午前中養老渓谷満喫
  • 海に着いたのは15時くらい
  • 台風が近づいており、気温は33度くらい。風がめちゃくちゃ強い。
  • 海の水温はそこまで冷たくなく、パパとママと次女は海に入ったけど平気
  • 長女は肩まで海に入り、20分ほど泳いだ
  • 浜辺で休んでいると、寒い寒いと震えだす。

以上です。

15時に海について、ホテルで荷下ろし、15時30分頃から17時頃まで海にいましたが、その間で長女の体調がみるみる悪化。

ついに歩けなくなってしまいました!

疲れと寒さ

前の日から非日常のことが続いたので、興奮していたようです。

保育園でも、月曜日にお休みの子が多かったので、みんな疲れが取れないみたいですね。

さらに、台風→熱帯低気圧に変わった天気のせいで、風が強かったので、肩まで海に入っていた6歳の体は冷え切っていました。

興奮していても、途中で休憩させることは重要ですね。

震えへの対処

すぐにホテルに戻ってお湯をくみ、お風呂に入らせました。

「き、きもちいい~」と、お湯に頭までつかる長女。

海の後、お風呂の場所を確保しておくのは重要ですね。

すっかり温まった長女。なかなかお風呂から出てこないので、早く出なさい!と、促すと、青白い唇はピンクに戻り、顔色もよくなりました。

すぐに着替えさせ、髪を乾かし、ふかふかのベッドへGO!!

高熱発症

夕食をどうしようか相談していると、長女の息が荒くなっていることに気が付きました。

頭を触ると熱い。

推定39度。

(子供を育てていると、自分の手が体温計になることってありませんか?私は、誤差0.3度くらいの精度で自信ありです(笑))

こりゃ、夜はホテルでゆっくりだな、ということで、近くのスーパーで買い出しに行くことにしました。

常備薬は持ってきていましたが、今回は急な高熱で、咳も鼻水もなく、顔色も良かったので、薬は飲ませず、水分を取らせて休ませることにしました。

宿を取るときの決め手

ちなみに、今回の旅行では、千葉の海を満喫したかったので、海沿いの宿をチョイスしていました。

決め手は、コンビニとスーパーとドラックストアが近くにあって海から近い。

旅行に行こうと思い立ったのが、水曜日。土日泊まれる宿を調べて予約したのが木曜日。

今回楽天トラベルを使ったのですが、行きたい地域と泊まる希望の日、大人と子供が何人ずつか入力するだけですぐに宿が出てくるので、簡単に予約できました。

次も使います!

ホテル室内での夕食も非日常で特別

夜の外食も楽しみにしていましたが、長女の調子が悪すぎるので、近くのスーパーへお弁当と総菜の買い出し。

旅行先のスーパーって、地元の幸が売っていて自宅付近の雰囲気とも違うので、スーパー散策も楽しい。

その土地の物価や、食べ物が分かります。

海に来たので海の幸!!ということで、お刺身とお寿司を多めに購入しましたが、やっぱり海なし県の刺身とは味が違いますね。

それから、欠かしてはいけない長女の水分補給。

アクエリアスから経口補水液が発売されていたので、そちらを購入しました。

経口補水液だとOS-1が有名ですが、ちょっと高いんですよね。

私が子供の頃は熱を出したらポカリが飲めるのがごちそうでしたが、味がすっきりなアクエリアスの方が好きになり、今ではアクエリアスが主流です。

さっそく長女に飲ませると、しっかり飲めたので良かった。


次女も、いつもとちがう部屋で過ごす家族団らんの時間が気に入ったようで、「またあたらしいおうちにかえりたいな~!」と帰ってきた今でもずっと言っています^^

一晩寝た次の日

夜中、何度か起きて喉が渇いた!と、水分補給する長女。

水を絞ったハンドタオルを冷蔵庫に入れておき、定期的に交換してあげました。

次の日の朝、推定38度

それでも、食欲はあり、ホテルのレストランで朝食を取ることができました。

このまま埼玉へ帰るか、もう少し千葉で頑張るか・・・。

判断に困りましたが、本人は元気だったので、このまま旅を続行することにしました。

ドライブ中心で、負担にならない場所を回る。

と、いうことで、富津岬で東京湾を満喫して、アクアラインで海ほたる経由で埼玉へ戻りました。

ドライブの道中、マザー牧場の看板が見えてきて、また元気な時にリベンジしよう!ということで帰ってきました。

スポンサーリンク

まとめ

千葉県地図

↑今回の旅行で調べた観光地。

旅行先で子供が熱を出してしまうと、慌ててしまいますよね。

ただ、普段から子供たちの様子を見ているパパママなら、どこまで危険な状態か、判断がつくと思います。

無理をさせすぎず、体調を崩したら早めに休ませて対処、そうすることで回復も早くなり、旅を続行することができます。

今回、長女は熱を出しましたが、家に帰って熱を測ると37.2度。おでこも熱くなく、元気になりました。

ちょうど地元で花火大会があったので、「行きたい!!」と言い出す長女に、「お熱だからダメ!!」と、家で浴衣を着させて家の窓から見ることができました。

元気になったのはいいけれど、また熱が上がっても嫌なので、月曜日は大事をとってお休み。

会社員時代だったら、熱がないから行け!と言っていたところですけど^^;

フリーランスって子育てと両立できて最高だな・・・

と、いうことで、今回の旅で旅先での病気を経験できたので、次からは対処法も考えつつ、旅行の計画に取り入れられそうです。

まだまだ日本で知らないところがたくさんあるので、子供が小さいうちは家族で全都道府県を制覇することを目標に、旅して回りたいな、と思っています^^

海外旅行もいつか行ってみたいという気持ちもありますが、今は無理して海外に行かなくてもいいかな。

子供が海外に出たときに、日本国内のことを実体験で知っていた方が会話の引き出しも増えるし、外国人の方に日本を紹介できるので、出来る限り日本国内の景色を目に焼き付けておいてほしい。

それでは、今日はこの辺で~!

スポンサーリンク

スポンサーリンク



-関東近辺子連れ遊び

Copyright© ともばたドットコム , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.