夫婦喧嘩

自己啓発

【夫婦喧嘩仲直りの方法3か条】男と女はそもそも脳みそが違う

投稿日:

こんにちは。結婚して10年目のはるなです。

自営業の夫と、時短会社員の妻、小学生になる長女と保育園に通う4歳の次女の4人家族です。

10年なんて、人生の先輩から見たらまだまだ旅の途中かもしれませんが、10年経ってもお互いに分かり合えないことはいろいろとあります。

  1. 夫:妻が話好きで困っています
  2. 妻:夫が不愛想で困っています

いろいろな人がいて、いろいろなご家庭がいて、喧嘩したり仲良くしたり、今日もいろんな事件(笑)がどこかで起こっているのかもしれません。

私も日々、夫の行動に悩まされてきました。

特に子が出来てから。

妊娠中は私の身体を気遣って、朝、仕事に行く私を駅まで送ってくれたり、お腹をさすってくれたり、それはそれはとてもやさしい旦那さんだったのです。

子が生まれてから、一睡もできない日々が続き、夫も私も余裕がなくなってから衝突することが多くなったのかな、と思います。

SMAPの『セロリ』という曲にあるように、

『育ってきた環境が違うから 好き嫌いはイナメナイ』

育ってきた環境も違う。ましてや、男と女。そもそもの脳みそが違う。

今日は、子が出来てからもうすぐ7年。

小競り合いがあったり大ゲンカがあったり、いろいろありましたが、やっぱり縁があって一緒になった夫婦なので。

妻の目線から、夫婦喧嘩の仲直りの方法について考えてみたいな、と思います。

スポンサーリンク

夫婦喧嘩の仲直り物理的な方法3か条

  1. 実家に帰らせていただきます
  2. 非を認めて謝ります
  3. 子供が間に入ります

実家に帰らせていただきます

頼れる実家があるって、いいですよね。

私は車で1時間30分ほどのところに実家がありますが、結婚10年で、実家に逃げ出したことが2回ほどあります。

ずっと一緒にいると、ヒートアップしてしまって、収集が付かなくなることがありますね。

どうして私ばかりが我慢しないといけないのよ!!

という、怒りが頭の中を駆け巡り、お互いにムカムカして家庭の空気は最悪。

連休のときにでも、一度離れて冷静になると、寂しくなってきて、帰ってやるか。という気持ちになれます^^;

2回とも、私の我慢が爆発して子供を連れて実家に帰ったのですが、3日ほど頭を冷やして自宅に戻ると、夫の豪勢な手料理が待っていて、お腹が満たされて仲直り、というパターンでしたね。

一度距離を置くのは有効です。

非を認めて謝ります

とあるテレビ番組で、こんなセリフを聞いたことがあります。

(夫婦喧嘩で)私が悪かったことは一度もない!!

とても勝気な女性だなぁ、と思ったのですが。

特に、バリキャリの優秀な方は、男社会で勝ち上がらないといけないので、勝気じゃないと生き残れないプレッシャーからこのような発言が出るのでしょうね。

喧嘩をするということは、100%相手が悪い、ということはあんまりないんじゃないのかな、と私は思っていて。

自分も脳みそで考えて発言しているように、相手も脳みそで考えて発言しているのですよ。

喧嘩の前後に自分がしていた行動と言動を振り返って、布石がなかったのかを冷静に考えるようにしています。

特に、男性のプライドを傷つけつようなことを軽々しく言ってはいけない。

私は、自分の意見も伝えますが、彼の心を傷つけてしまった行動や言動については素直に謝るようにしています。

子供が間に入ります

これは、本当にお恥ずかしい話。

夫婦で口論になると、必ず子供たちが駄々をこねるんですよ。

ママー!!おしっことうんち~~~!!

必ず毎回です。

パパとママの怒っている声を聞きたくなくて、トイレに逃げるんですね。

トイレの世話をしている間に、夫が自室にこもり出てこなくなる。

一応、その場での喧嘩は終わりますが、子供に気を遣わせるということは、あまりやりたくない解決法です。

以前、こんなことをぼやいていた子がいました。

どんな親であれ、子供は両親のことが好きなものだよ

男と女のすれ違いで、子供を巻き込みたくないですね。

夫婦喧嘩はどうして起こるのか考えてみた

毎日顔も合わせていれば、いいところも悪いところも見えてくるのが夫婦。

特に、私がとても困っていたことがこちら。

夫が口を利かない

何か気に入らないことがあると無表情で無口になり、「おはよう」と言っても、「いってらっしゃい」と言っても無視。

しかし、子供たちが話しかけると応対する。

そんな日々が続いていたことがあります。

どうして私のことだけ無視するのか分からなくて、男女問題の本を読み漁りました。

そして、行き着いた一つの答えがこちらです。

男性:自分ひとりの殻にこもり問題を解決する
女性:周りに話をして共感を求め、他人と問題を共有して解決する

このことを理解して行動するようになったら、夫が無口になることが少なくなり、もし無口になったとしても、「あぁ、いつもの考え整理中か・・・。」と、距離を置くことで解決できるようになりました。

男性の気持ちについて調べたり、相談機関に相談したこともあるのですが。

長年教育を受けてきた考え方も根強く残っているようでして、『男は強く、寡黙に、一家の大黒柱』と教わってきた世代です。

でも、今の時代は、『雇用不安定、イクメン、女性に優しく』じゃないですかね。

幼少の頃から受けてきた教育と、自分の両親の状況。それが、今の時代の夫婦のあり方とマッチしていない、という問題も、夫婦喧嘩を勃発させてしまう原因にもなっているかもしれません。

男性は、強くなければならない、プライドを保たなければならない、と、外で強くあるためによりよく見せよう、と自分を鼓舞しているように思います。

そんな男性が置かれている立場を妻が理解しているだけで、夫婦関係は良好になれると思います。

夫婦関係を考えるのに出会った3つのオススメコンテンツ

本:ベスト・パートナーになるために

男は火星から、女は金星からやってきた

そもそもの脳みその作りが違うのよね、と気づかせてくれた本です。

「男はストレスがあると殻に閉じこもって一人で解決をする」

(実際の文面はこうじゃなかったかと思いますが、私の記憶の中で要約した内容です)

私の夫は、何か月かに一回、口を利かなくなる日がありました。

私は無言の状態に耐えられなくて、話しかけたり機嫌を取ったりしていたのですが、

そっとしておけばそのうちいつも通りになる。

これが分かってから、無駄にストレスをためることがなくなりました。

男と女の違いに悩んでいる方は、ぜひ一読をオススメします。


男性は力があり戦いに向いている
女性は愛にあふれ包容力がある

動画:大愚和尚の一問一答

【和尚さんが語る夫婦の話】パワハラ・モラハラ夫とのこじれた関係を修復するために今奥様ができること「その1」

この時代、人間関係・仕事・将来のことなど、沢山の悩みがある中で、『大愚和尚』というお坊さんが一問一答という形で、悩みに対して処方箋を与えてくださる、というYouTubeのチャンネルがあります。

この中で、パワハラ・モラハラ夫について語っていらっしゃる回があったので、何度も見返しています。

もしも、パワハラ・モラハラで困っていらっしゃる奥様がいらっしゃいましたら、一度、自分のお父さんでも兄弟でも誰でもいいので、男性の気持ちについて相談してみたら、少し分かってくるかな、と思います。

妻が夫の気持ちを理解して行動するだけで、関係が変わることは多々あります。

男性は見栄とプライドが非常に強い

しくじり先生:かつみ♥さゆり先生の回

2016年6月6日放送の回です。

※予告編しか見つかりませんでした。

次女が生まれた直後、2016年3月~5月、私たち夫婦はすれ違い、私は離婚を考え始めていました。

実家近くにアパートを借りて職を探すか、このまま今の地域でがんばるか・・・。

結局はゴールデンウィーク中に夫の機嫌が直って仲直りできたのですが。

仲直りして1か月後、たまたまこの番組がやっていて、子供たち含め家族で見ました。

さゆりさんの愛が溢れすぎて号泣。

旦那さんであるかつみさんがバブル崩壊の影響を受けて億単位の借金を背負い、さゆりさんは旦那さんと共に借金を返すために働き詰めの毎日。

ある日病気で倒れ、命を落とすかもしれない状況に。

残念ながら、YouTubeには予告編しかありませんでしたが、機会があれば見てみてください

バックナンバー|しくじり先生 俺みたいになるな

さゆりさんが語っていらっしゃったことがこちら。

「家族なのに放っておけますか?」
スポンサーリンク

まとめ

夫婦って、長年一緒にいても知らなかった相手の一面が見えてきり、意外な発見があったり、奥が深いです。

男女が深く理解するのは太古の昔からの難題なのかもしれません。

でも、難しいからこそお互いの気持ちが分かりあえた時に幸福感を味わえるのも事実。

ドラマでもゲームでもそうですけど、

「毎日平和でなんのストレスもなく幸せに暮らしました。」

というお話だったら、ストーリーが何も始まりませんよね。

敵がいたりトラブルや問題が起きて解決して「あーよかった、一件落着♪」その繰り返しがあるから人生おもしろいのかもしれません。

男性の行動に悩んでいる奥様の一つの参考にしていただけたら嬉しいです。

それでは、今日はこの辺で!

スポンサーリンク

スポンサーリンク



-自己啓発

Copyright© ともばたドットコム , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.